祇園祭 Ⅰ 

17日、京都の夏を彩る祇園祭の山鉾巡行を観覧してきました。
ずっと梅雨空が続いていてお天気が心配でしたが、
お陰さまで雨に降られる事も無く豪華な山鉾巡行と、
可愛い男の子や少年の「くじ改め」の所作を堪能でき、
感激・感動のお祭りでした。

今年は「くじ改め」をしっかり見学したいと思い、
四条堺町に陣取る事に。

8時25分頃には既に観光客はお待ちです。

IMG_2529.JPG


巡行が始まる前の儀式でしょうか。お奉行さま(京都市長)
にご挨拶のようです。アッ、先頭の長刀鉾がやってきました。        

IMG_2531.JPGIMG_2532.JPG


くじ取らずの長刀鉾はくじ改めがなく、挨拶だけで
通過します。

IMG_2535.JPGコピー2536.jpg


今年の山一番は2年連続の「蟷螂山・とうろうやま」
副使お二人がチマキを奉行役に渡してご挨拶です。

IMG_2538.JPG
IMG_2539.JPG
















IMG_2540.JPG


正使がお奉行さまの前に進み、扇子で文箱の紐を解き、
お奉行さまにくじを改めていただきます。

IMG_2541.JPGIMG_2542.JPG
















お奉行さまは、山の名前と順番が書かれたくじを読み上げ、
(『蟷螂山 山第一番』と読まれたと記憶しています。)
くじ改めが終わると正使は扇子で文箱の紐を閉じ、
今度は扇子を片手で開き山を呼び、山は動き出します。

IMG_2543.JPG

IMG_2544.JPG

山鉾で唯一 からくり をほどこした「蟷螂山」
てっぺんのカマキリが動きます。2546コピー.jpg

大役を少年3人で務めるのは「木賊山・とくさやま」

IMG_2556.JPGIMG_2560.JPG















IMG_2561.JPG

2562とくさ.jpg


函谷鉾(かんこほこ)

函谷鉾.jpg


辻回しに使用されるのか、竹のような物が見えます。
車輪が大きいですね。

IMG_2569.JPG


さて、祇園祭の起源はと言いますと、869年京で流行した
疫病を鎮めるため、祇園社(現在の八坂神社)にて66本の鉾を
つくり、疫病の退散を祈願したのが始まりで、
今年はちょうど1150年と言う節目の年と言う事です。


さてさて、とても可愛いぼうやが登場してきました。
あちこちから「可愛い~可愛い~」の声が。
「郭巨山・かっきょやま・かくきょやま」の正使です。

IMG_2571.JPG

IMG_2572.JPG


IMG_2573.JPG

固唾をのんで見守る とは、このような場面でしょうね。
IMG_2574.JPG


IMG_2577.JPG
拍手・拍手・大喝采でした。

扇子を開き、山に合図を送っています。
見ていてもウルウルです・・・ 
2578コピー.jpg

可愛いぼうやの合図でお兄さん達の山が動き、
関所(くじ改めを終えて直ぐの所)では 山 を担いで
一回転してくださいました。

2579コピー.jpg


綾傘鉾(あやがさほこ)
鉾は当然ですが傘の形。棒振り踊りが披露されました。

IMG_2586.JPG

棒振りさんお一人と巡柱(じんちゅう)さんお二人が、
前半は疫神を楽しませ、悪鬼を呼び寄せ、
後半は厄を払い飛ばして厄を鎮める。そう言う踊りだそう。

棒振り踊りの主役。綾傘鉾保存会からお借りしました。

あやかさ舞い.jpg

公家風装束をまとった稚児。
生身のお稚児さんは長刀鉾と綾傘鉾だけです。

2585あやかさ.jpg

棒振り踊りの演奏はこの方々です。

IMG_2588.JPG

伯牙山(はくがやま)

はくが山.jpg
2595ただし.jpg














各山には車輪がついていて、巡行は山を押して歩かれますが、
関所ではみなさんが担いで一回転されます。
豪華な懸装品を見ていただくために~だそうです。

芦刈山

IMG_2552.JPGIMG_2553.JPG
















菊水鉾

2599コピー.jpg2601コピー.jpg















IMG_2602.JPG

IMG_2603.JPG

油天神山

IMG_2606.JPGIMG_2607.JPG
















2608コピー.jpg


太子山
IMG_2610.JPG


2611コピー.jpg


次週も祇園祭を予定しています。
どうぞよろしくお付き合いくださいませ。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月23日 06:13
おはようございます。
祇園祭、さすがにすごい人出ですね。
大阪にいたとき、一度、見に行ったことがあります。^^
winga
2019年07月23日 08:26
おはようございます。
コンチキチン♪
暑かったでしょう?
撮られた場所。いい所ですね。
幼い頃から祖母に連れられ毎年観に行きました。
昔は「粽くださーい!」と河原町御池で叫んだらポイ!と頂けました。
いい時代。今は無理ですが。
この粽も今ではネットで売り買いされる時代です。変わりましたね。
辻回しの迫力もお写真で伝わってきます。
京都人には誇らしいお祭りです。

素敵な写真一杯。当日私は仕事でしたので、楽しめました。
有難うございました
2019年07月23日 10:42
壮大なお祭りでビックリ。
ブログの説明の案内で、
写真を楽しく拝見させて頂きました。
♪(^^♪♪
2019年07月23日 14:07
祇園祭巡行艶やかな巡行ですね
説明で鉾、山の意味分かりました
梅雨の合間に天気で良かったですね
次回も祇園祭楽しみにしています
2019年07月23日 16:19
こんにちは♪
1150年の歴史あるお祭りなんですね。
山鉾巡行の前の「くじ改めの儀式」で、可愛い坊やの合図で山が動くなんて、見ていたら身震いしそうです。
お祭りの詳しい説明と写真素晴らしいですね。
次回も楽しみに待っています(^^♪
2019年07月23日 18:00
凡・ハヤトさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
大阪にお住まいの時に一度、ご覧になられたのですね。
1000余年の歴史ある素晴らしいお祭です。
今年も大変な人出でした。
カープ、頑張っていますね。
2019年07月23日 18:10
wingaさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
当日は蒸し暑かったです。さすが京都!と思いました。
粽を投げていただけた良い時代も遠くなり、
今ではネットで何倍にもはねあがっているのですね。
驚きました。
京都人には誇らしいお祭り、その通りだと思います。
私の拙い写真で楽しんでくださり光栄です。
ありがとうございます。
2019年07月23日 18:18
カメさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
歴史のある絢爛豪華なお祭ですね。
私の拙ブログで祇園祭を楽しく拝見してくださり、
嬉しく思います。ありがとうございました。
2019年07月23日 18:29
♪(^^♪♪さん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
お天気にも恵まれ、豪華な巡行やくじ改めを
目前で見物でき、一段と祇園祭が好きになりました。
次回も続きを掲載の予定です。
どうぞ宜しくお願いいたします。
2019年07月23日 18:37
ちまりさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。
可愛いぼうやのくじ改め、目頭がが熱くなります。
私の拙い説明・写真ですが楽しんでいただけまして
ありがとうございます。
次回もどうぞよろしくお願いいたします。
2019年07月23日 20:23
祇園祭、すばらしいものをご覧になりましたね。
私はまだ一度も見たことがありません。
感激と感動を経験されて、本当によかったです。
どれも豪華で立派なものですね。
kimie
2019年07月23日 20:47
茶々さん
伝統ある祇園祭、一度は行きたいと思いつつ、いまだいけません。
茶々さんの、詳しい説明で行った気分になれました。
でも、やっぱりこの目で見たいです。
2019年07月23日 21:17
はるるさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
関西地方にお越しくださる用事ができましたら、
是非、祇園祭の頃に調整しておいでくださいませ。(笑)

小さいお子さんのくじ改めの儀式も感動ですし、
豪華な山鉾巡行も素晴らしいです。
2019年07月23日 21:27
kimieさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
そうですね、四国からですと「ちょっと祇園祭に」と、
簡単に出かけられる距離ではないですね。

私の拙い説明でも行った気分になってくださり、
ありがとうございます。
「でも、やっぱりこの目でみたい」・・・百聞は一見に如かず
の諺があります。機会があると良いですね。
2019年07月24日 08:45
茶々さん、おはようございます。
ご無沙汰ばかりお許しくださいね。

わ~い!祇園祭~!
京都三大祭りの伝統ある祇園祭・・・、
実際には知らない事ばかり、これからゆっくり見せていただきます。
次週も楽しみにしています!! ひと先ず~
2019年07月24日 10:20
祇園祭りの伝統が良く分かります。
今は海外からの観光客が多くなっている
ようですが、賑やかなのがいいですね。
2019年07月24日 18:36
みっきいさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
こちらこそご無沙汰、お許しくださいませ。

伝統ある祇園祭、行ってきましたぁ~。
1100余年の歴史はさすがですね。
私も知らない事ばかりで、PCで検索しながらアップ
している状態です。(^^;)
次週も頑張ります。(笑)どうぞ宜しくお願いいたします。
2019年07月24日 18:57
ポジティブオーラさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。
「祇園祭の伝統がよくわかります」・・ありがとうございます。

当日も海外からのお客さんがいっぱいでした。
日本の良き伝統を心いくまで楽しんでいただけたら~と、
思いました。賑やかなお祭りは良いですね。
2019年07月24日 21:07
こんばんは。
祇園祭り、日本を代表するお祭りの一つ、やはり
凄いですね。混雑しますよね、それも魅力なのかも。
大役の少年たちや可愛い坊やの衣装や動きが素敵ですね。
説明とお写真がわかりやすく、とても楽しめました。
次も期待しています。
2019年07月24日 21:43
ゴンマックさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

私の拙い写真と説明で楽しんでくださったとの事、
ありがとうございます。恐縮です。

可愛い坊やや少年のくじ改めは本当に感動しました。
(勿論、おじさま方のくじ改めもあります)(笑)
来週も続きを掲載の予定です。
どうぞ宜しくお願いいたします。

最後になり申し訳ありませんが、アヒちゃん、可愛い
ですね。
ハナミズキ
2019年07月27日 07:12
茶々さんへ

おはようございます。
ご無沙汰しております。
大きな有名なお祭りですよね。
歩けるうちに一度は行ってみて歩いてみたいです(笑)
次回、楽しみに待っています。

茶々さんいつも、お元気でパワフル…
羨ましいです。
ブログ更新、リニューアルで、戸惑ってます
これからも宜しくお願い致します。m(__)m


2019年07月27日 18:04
こんにちは。
祇園祭の山鉾巡行の様子がよく分かりました。
平安時代から続く歴史と伝統の行事、祇園祭は本当に素晴らしいですね。
一昨年は前祭の宵山を見物しましたが、残念ながら去年、今年と見ることができませんでした。
今年は後祭の山鉾巡行が24日でしたが、間抜けたことに、25日に京都に行ったのです。
まあ理由はいろいろあったんですけど。
せめて八坂神社にお参りしようと行きかけたのですが、強い雨が降りだしたのでやめました。
悔しいのでまたいつか山鉾巡行を見に行くつもりです。
2019年07月27日 20:49
ハナミズキさん、こんばんは♪
たいへんご無沙汰しています。ごめんなさいね。
お変わりございませんか。
コメントありがとうございます。

「歩けるうちに祇園祭・・・」ですか、まだまだお若いです。
私はおかげさまで今のところ、これと言って病気はなく、
元気に過ごしています。ありがたい事です。

ブログのリニューアル、私のような高齢者には厳しいですが、
頭の体操と思い頑張ります。
こちらこそ宜しくお願いいたします。
2019年07月27日 21:03
トンキチさん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

私の拙い説明で申し訳ございません。
滋賀在住ですので、にわか勉強です。(^^;)
そうですね、平安時代から脈々と続くお祭り、素晴らしいです。

一昨年は宵山をご覧になられたとの事、いいですね。
大勢の人の流れに流され、思うように歩けないですが、
それも賑やかなお祭りだからこそですね。
私は20年ほど前に一度行ったきりです。

25日は大雨でしたね。24日はホンマにお天気に恵まれました。
八坂さんせっかくでしたのに・・・残念ですね。
トンキチさんはお近くですので山鉾巡行、いつでもご覧に
なれますね。
2019年07月27日 23:20
こんばんは~
祇園祭、お天気よくて良かったですね!
人多い中、凄く近くで取材されたのですね!
細かく紹介してくださり、行った気分になりました~
有難うございました~

2019年07月28日 13:09
miyoさん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。

同じ見学するのなら~と、朝早く7時前にに家を出ました。(笑)
おかげさまで運良くまぁまぁの席を確保できました。
『行った気分になりました』・・・ありがとうございます。
そのように言っていただきまして嬉しいです。
次回も続きを頑張りま~す。

梅雨も明けて本格的な暑さがやってきました。
皆さま、お元気にお過ごしくださいませ。

2019年07月29日 10:41
こんにちは、
祇園祭ですか、流石に伝統と歴史があり大勢の見物客で賑わった事と思います楽しまれましたか、残念ながら京都は何回か行ってますが見学していません、昨日当地の潮祭があり花火大会もありましたがあんまり紹介する程でありませんでした、梅雨が晴れて高温の話も聞きます熱中症にはご注意下さい。
2019年07月29日 18:33
Yoshi さん、こんにちは♪
コメントありがとうございます。

祇園祭は日本の良き伝統を感じられる素晴らしいお祭りです。
充分に楽しんで来ました。
何度も京都にお越しですのに、祇園祭に合わなくて残念ですね。

潮祭は「海に感謝し、小樽の歴史・文化を次世代に伝承し、
小樽の発展を祈念する」お祭りなんですね。
海に感謝ですか、いいですね・・・滋賀には海がありませんので、とても憧れます。

さて、今日は小樽方面は13時に30.0℃と真夏日だったのですね。
暑さはこれからが本番と思います。
どうぞお元気にお過ごしくださいませ。
「熱中症にご注意ください」・・・お気遣い有難うございます。
2019年08月01日 22:53
こんばんは♪
祇園祭、懐かしいです。
京都に住んでいるときには出かけていたのですが、祇園祭=暑~いの思い出が頭をよぎります。こちらに来てから30年も過ぎると懐かしさもひとしおで又出かけて見たくなりますね。
行ったつもりになって見させてもらいます。
ありがとうございました。
2019年08月02日 19:41
まきちゃん、こんばんは♪
コメントありがとうございます。

祇園祭=暑~い ですね。わかります・わかります。(笑)
それでも見物したくなるのが祇園祭ですね。
「行ったつもりでみせてもらいます」・・・ありがとうございます。
まきちゃんの方が余程お詳しいでしょうに、拙い写真・説明で
恥ずかしいです。(^^;)

京都を離れられてもう30年になりますか。
懐かしさもひとしおでしょうね。
今日の京都は37℃ほどだったようです。
暑さはこれからと思います。お元気にお過ごしくださいませ。